他人ごとではない「女性の一人暮らし」-性犯罪から身を守ること 部屋への侵入対策

カテゴリ:大学生活に潜む闇
「大学生」に潜む「ヤミ」は、大学生が巻き込まれる犯罪や反社会的事案について特集していきます。

こんにちは。杜若です。

今回のテーマは、「女性の一人暮らし」-性犯罪から身を守ることです。

警視庁のホームページなどから「部屋への」ポイントをまとめました。

WS000189

部屋への侵入への注意!

アパートやマンションの高層階に住んでる女性は、特に窓の施錠に対して無頓着になりがちですが、窓から侵入してくる犯人も多く、油断は禁物です。
出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kouhoushi/no1/koramu/koramu.htm

戸締まり(ドア・窓のかぎ)チェックポイント

■玄関のドア!家に入ったらすぐ鍵をかけましょう。
■窓!暑い季節には窓を開けたくなりますが、高層階でもベランダに誰かが潜んでいることがあります。よく外を確認してから開けましょう。
■寝るとき窓を開け放して寝るのは止めましょう。
■鍵は強固なものをつけ、1ドア2ロックを基本としましょう。
■出かけるときはドアだけでなく、すべての窓に鍵をかけるようにしましょう。

「ワンドア・ツーロック」をしよう!

侵入犯罪の手口が凶悪化、巧妙化するなかで耳にする機会が増えた「ワンドア・ツーロック」という言葉。意味は、1つのドアに2つの錠をつけることで、「2重鍵」と言います。
右のグラフの通り、一般的に侵入者は、侵入までに時間がかかる家を嫌う傾向にあります。そのため、ドアにカギを2つ取り付けることで、侵入までにかかる時間を稼ぐことができるので、防犯対策として有効な手段と言えます。
ですので、もし家の玄関ドアにカギがひとつしかついていない場合は、補助錠を設置するなどでカギを増やし、防犯強化することをおすすめします。
出典:http://www.secom.co.jp/kurashi/guide/no32.html

賃貸アパート・マンションで「ワンドア・ツーロック」にするには?

大家さんか不動産屋さんに相談しましょう。ただ、本格的にやると、結構な金額がかかるかもしれません。なので。お金がかかりそうなら、通販で、2000-40000円で「玄関用防犯錠」みたいな自分で取り付けられるものを購入してみましょう。※ただし、ドアに傷をつけると、でていくときに請求されるかもしれないので、取り付けに注意しましょう。

※傷をつけずに取り付けられるタイプ商品例

カテゴリ:大学生活に潜む闇

コメントを残す