【女心研究:許せないのはどっち?】「趣味に走りすぎたネクタイ」vs「流行に乗りすぎた髪型」

キャリア・キャリア学

こんにちは。キャメロンです。

今回は、働く女性がチェックする「男性営業マン」について、テーマは『流行に乗りすぎた髪型」? 『趣味に走りすぎたネクタイ」?のどちらが許せないか? 勝敗はいかに!?

スーツが戦闘服の営業マンにとって、他者と差別化するために、こだわりのスーツを購入したり、ネクタイの柄を変えてみたり、髪を切ったりするのが、自分のセンスをアピールする方法なのではないでしょうか。そこで、今回は「男性営業マンのファッション、許せないのは『流行に乗りすぎた髪型」? 『趣味に走りすぎたネクタイ」?」をテーマとして取り上げました。

d12506-25-321502-0

 

「流行に乗りすぎた髪型」派の意見

・おしゃれよりも清潔さが大切。(接客・販売/26歳)
・ビジネスの場なので、万人に受け入れられる髪型であるべき! (営業事務/27歳)
・奇抜な髪型過ぎると笑いを我慢するのがつらい。(介護ヘルパー/24歳)
・ネクタイは粋だけど、髪型はエチケット。(カスタマーサポート、オペレーター/25歳)

多数派になったのは「流行に乗りすぎた髪型」派。「流行に流されて個性がない」や、「不潔に感じる髪型はNG」など、営業マンだからこそ気を付けてほしい、と願うコメントが集まりました。

 

「趣味に走りすぎたネクタイ」派の意見

・仕事ではプライベートなオシャレ感より、さわやかなほうが魅力的。 (営業企画/25歳)
・アニメキャラのネクタイしている人って実は多い……。公私混同するな!(事務・企画関連職/36歳)
・柄が気になり過ぎて、その人の話すことが頭に入らなさそう。(総務・人事/34歳)

一方、少数派になった「趣味に走りすぎたネクタイ」派では、「かわいい系ならOK」という意見もある一方、「場をわきまえて」と、賛否両論でした。

 

【アンケート調査概要】

●調査方法:『女の転職@type』『Woman type』会員、20~30代女性へのWebアンケート
●調査期間:2015年3月12日(木)~3月16日(月)
●有効回答者数:304名

営業マンのキャリア探究Webマガジン『営業type』を運営する株式会社キャリアデザインセンター(以下CDC、本社:東京都港区、代表取締役社長兼会長:多田弘實)は、働く女性304人に対し、“男性営業マンのファッション”についてのWebアンケートを実施いたしました。その調査結果( http://sales.typemag.jp/article/2601?prt )をお知らせします。
※アンケート対象:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type( http://womantype.jp/?prt )』サイト読者

キャリア・キャリア学

コメントを残す