「本」3000冊を使った大きなモザイクアート 【ヨコハマハコいりムスメプロジェクト】

大佛次郎に深いかかわりのある「本」3000冊を使った大きなモザイクアート制作が、11月28日に開催されました。

 

近くでは、本をならべてあるだけにしか見えない作品が、遠くから見たり、レンズを通すことによって浮きあがるアートイベント。このイベントは、女子大学生が、大佛次郎記念館の活性化に取り組んでいる「大佛次郎記念館活性化プロジェクト(ヨコハマハコいりムスメプロジェクト)」の一環として、開催されました。

開催概要

d13670-100-336402-4

プレイベントの様子

1 会場
みなとみらい駅改札外コンコース(みらいチューブ)

2 日時
11月28日(土)
10:30 モザイクアート制作開始
12:30~15:00 展示
15:30 文庫本の持ち帰り開始

3 内容

・読まなくなった文庫本を集め、モザイクアートを制作。
・使用予定冊数は、3000冊(約6m×8m)。
・モザイクアートに使用した本はお持ち帰りいただけます。
・その他の本はブックオフオンライン(株)に買い取っていただき、買い取り金額は、大佛次郎がナショナル・トラスト運動(自然環境保護)を日本に初めて紹介したことから「よこはま協働の森基金」へ寄付します。

4 協賛・協力
ブックオフオンライン株式会社
横浜中華街パーキング協同組合
横浜高速鉄道株式会社

大佛次郎記念館とは?

◆大佛次郎記念館ホームページ
http://osaragi.yafjp.org/
◆プロジェクトホームページ
http://yokohama.hanalabs.net/

 

プロジェクトについて

女子大学生が社会課題の解決に取り組むプロジェクトを企画しているNPO法人ハナラボ、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、横浜市の3者で連携し、取組を行っています。

コメントを残す