働く女性の「自分へのご褒美」 する人の10人に1人が20万円以上!

『Woman type』のアンケート「自分へのご褒美についてのWebアンケート」のレポートです。

働く女性214人に「普段、仕事を頑張ったときに『自分へのご褒美』をあげますか?」などを質問。その結果のレポートです。

 

「自分へのご褒美」 女性の7割以上がYES!と回答

d12506-26-193924-0

 どんなものを自分へのご褒美にしているのかを聞いてみたところ、「高級ケーキを買う」(35歳/一般事務)、「高いお酒を買って家で飲む」(33歳/一般事務)といった飲食系が大多数でした。続いて「エステに行く。週末なら温泉に!」(36歳/総務・人事)、「リフレクソロジー」(29歳/ホテル・宿泊サービス)といった癒し系が目立ちます。

その他に多かったのが、ご褒美ショッピング派。また、趣味にお金と時間を費やす人や、思い切って奮発し、また明日から頑張れるようなご褒美をセレクトしている人も!

 

「自分へのご褒美」の金額は?20万円以上が1割!

d12506-26-529968-1

一番多かったのが約4割を占めた「1万円未満」で、プチご褒美を用意している人が多いことが分かりました。ただ、中には「20万円以上」と、かなり奮発した経験を持つ人も1割程度いる様子。では、最も高かったご褒美の内容を見てみましょう。

 

「自分へのご褒美」の内容は?

【1万円未満】
「書籍、ネイル、美容院」(23歳/専門職関連)
「1500円超えの豪華なランチをセレクト。夕食の場合ならコースで!」(34歳/コールセンター)

【1万円~5万円未満】
「足のケアと上半身のケア。施術時間合計4時間!」(38歳/営業)
「デパートコスメ一式、ブランド物の靴などを奮発します」(23歳/受付)

【5万円~10万円未満】
「好きなアーティストのライブが遠方だと、交通費と宿泊費、チケットにグッズ代でそれくらいになってしまいます」(34歳/総務・人事)
「痩身エステ55000円!」(27歳/営業)

【10万円~20万円未満】
「ハイブランドのバッグ」(35歳/介護ヘルパー)
「1週間の有給と海外旅行」(36歳/スクールマネジャー)

【20万円以上】
「ディズニーのセル画を買いました。癒やされます」(37歳/派遣コーディネーター)
「脱毛サロンで、主要な箇所の脱毛に25万円くらい。ものすごく頑張って生きているから、これぐらいいいだろうと(笑)」(27歳/接客・サービス)

 

 

「自分へのご褒美」の仕事への影響は?

d12506-26-273745-2

Q.1で「はい」と回答した方、自分へのご褒美をあげることで、次の日から仕事に良い変化はでますか?

「自分へのご褒美をあげることで、次の日からの仕事に良い変化はでますか?」と質問してみると、ほぼ8割の人が「はい」と回答しました。「ご褒美の服を着て仕事に行くと、また欲しいものが買えるように頑張ろう、と思える」(35歳/接客/販売)と、ご褒美アイテムがモチベーションアップに一役買っているよう。また、癒し系のご褒美は「肩凝りが改善されて、仕事もはかどり周囲にも優しい気持ちになれる」(33歳/Webディレクター)と、心身両面の効果を上げる人がたくさんいました。

頑張っている自分をねぎらって、リセットして、また明日に備える。これを上手にできることが、毎日の仕事に前向きに取り組むカギなのかもしれません。

 

【アンケート調査概要】

●調査方法:転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員およびWebマガジン『Woman type』サイト読者へのWebアンケート
●調査期間:2015年4月16日~20日
●有効回答者数:214名
●取材・文/萩原はるな
●参照元記事: http://womantype.jp/mag/archives/58044?prt

リリース元メディア:http://womantype.jp/category/web/voice?prt

コメントを残す