インターンシップ、選ぶなら「実務実践型」成長実感が9割を超える

カテゴリ:インターンシップ

「自身の成長のため」から「業界研究のため」へ ― インターンシップ参加目的の調査レポート
の続きです。)

今回は、インターンシップに参加での成長したかどうかのアンケート調査レポートです。

インターンシップの種類を見学&体験タイプ、講演タイプ、プロジェクトタイプ、実務・実践タイプに分けて成長実感を分析しています。

 

だんとつで、「実務・実践タイプ」では9割が成長を実感

d3965-194-808702-1

成長の実感は、実際の職場に配属されて業務を任される「実務・実践タイプ」がやはりよいようで、9割が「成長を実感できた」とのアンケート結果でした。

調査情報:

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:夏井丈俊)は、2016年3月卒業予定の全国の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)のうち、1社以上のインターンシップ参加経験者を対象に、インターンシップに関する調査を行いました。(調査時期:2015年3月19日~30日、回答数:696人)。
出典:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000194.000003965.html

カテゴリ:インターンシップ

コメントを残す