【就活生の逆の立場を考える】企業が採用活動でやってはいけない3つのこと

就職活動・就活

こんにちは。キャメロンです。今日は、企業が採用活動でやってはいけない3つのことについてです。

d13515-3-520789-1

1.事前準備せず、社員と就活生をいきなり会わせること。

現在働く社員は、買い手市場の就活を経験している場合が多いです。つまり、厳しい状況の中で自己分析や志望動機を真剣に考えた方々です。そういった社員に、現在の採用環境や学生の気質を説明せずに面談させると、当然16卒の学生に対する評価は厳しいものとなってしまいます。採用活動に協力してもらう社員には、現在の採用環境をよく理解してもらう必要があります。

 

2.従来通りの機械的な選考をすること。

志望業界や志望動機が曖昧な学生は、企業を「人」で選ぶ傾向が強くなっています。そんな中、採用に成功している企業では学生に対して「今不安なことはありませんか?」「自己PRはもっとこうしたほうがいいよ」等と、選考中のコミュニケーションを大事にしています。一方で、【大規模セミナー⇒適正試験⇒選考・面接】と従来通りの【型】で選考を進めてしまうと、そういった企業に対して学生が志望動機を下げる可能性があります。

 

3.学生を、志望度や自己分析の良し悪しでジャッジすること。

前述のように、「志望度」や「自己分析」が曖昧なままに、就職活動を進めている学生が多いというのが、16年卒の特徴です。学生を志望度や自己分析で判断してしまうと、「フワフワしているようで、実はデキる・ウチに合っている」という優秀な人材を見落とすことがあります。

 

まとめ

2016卒あるいは2017卒の採用活動に際して企業が意識したいのは、「学生に対し、選考中に成長を促す」ということです。選考中に、丁寧な社員からのフォローを入れることや、働くイメージを持てる就業体験を提供することを通して、「フワフワして見える」学生の本質が表に出てくるように、殻の中に居るヒナをかえす如く、温める手間を惜しまないことです。

実際に「現場の人間と少人数の面談を何度も繰り返し、働くイメージを充分に持ってもらった。学生の志望度も上がっていった。結果“ココで働きたい”という学生をガッチリ掴んでいる。」(IT企業)という声もあります。

採用担当側も学生も、双方がとまどっている16卒の就職活動。間もなく始まる、17卒を対象にしたインターンシップ。企業の採用担当自身が振り回されることなく、就活生の本質を踏まえた上で、採用活動の旗振りをしていくことが必要と言えるでしょう。

 

出典プレスリリース:http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000013515.html

就職活動・就活

コメントを残す